ノビテク主催のオンライン講演会スケジュール

新着 ノビテク主催のオンライン講演会スケジュール

今般のコロナショックは、経済活動を狂わせ、東京五輪の延期、そして私たちのワークスタイルにまでと世の中の全てを大きく一変させています。
公私ともに不安と不便を感じている皆様に、微力ながら何かお届けできることはないかと考え、オンライン講演会を実施いたします。


皆様、ご参加おまちしております!


この講演会を通じて、
1. 在宅勤務者のモチベーション維持・向上
2. 新たな教育の場としての可能性
3. 気軽に知識・スキル・教養の取得
などをご実感いただき、
今後の皆様の活動と皆様の日々の生活に役立てていただければ幸いです。


この新型コロナウイルスによる社会全体の停滞、不安から一日でも早く抜け出し、日本全体の活力が戻ってくることを心より願います。

ページ下にて、アンケートも受付しております

オンライ講演会ラインナップ

5月27日(水)「感染症から学ぶ、私たちの未来~SDGsの観点から~」

講師:室山哲也(科学ジャーナリスト、元NHK番組プロデューサー)

新型コロナウイルスの拡大で世界が大きく混乱しています。 新型コロナウイルスなどの 新興感染症は、人間が作り出した文明と深く関わっており、 今後の人類社会の在り方を考えるうえで、避けては通れない重要なテーマです。  ・新興感染症はどのように発生するのか?  ・そのリスクにどう向き合っていけばいいのか?  ・どんな形の持続可能な社会を作っていけばいいのか? 気候変動などとも絡めながら、考えてみたいと思います。

詳細お申し込みはコチラから
https://nobetech-online-06.peatix.com/


その他、多くの講師の講演会を調整しておりますのでご期待ください。


※お申込み後、事務局より実施前日を目途にお申込者に開催URLをメールでお送りいたします。
※ZOOMアプリでのご参加時には、 ZOOM画面の表示名を申し込み名と同様でご登録いただきますようお願い申し上げます。表示名が異なる場合はこちらからお問い合わせさせていただく可能性がございます。


皆様、ご参加おまちしております!

登壇講師陣

アンケートに回答する

5月15日(金)「コロナ対応が示す、日本の素晴らしさと大きな弱点」

講師:藻谷浩介(日本総合研究所 主席研究員)

新型コロナウィルスは、企業活動、働き方、国内外経済に大きなインパクトを与え感染拡大を続けている。
日本はこの先どうなるのか?リーマンショックを越える事態なのか?コロナから見えてきた日本の強みと脆さとは?客観性のデータ(数字)に基づいた判断軸をもち、議論・発言の中で臆さず自説を示す藻谷氏が、withコロナ、afterコロナについて説く。

アンケートの回答はコチラから

終了したオンライン講演会

4月28日(火)15:00「在宅勤務でも楽しく過ごそう! 今こそ実現ワークライフバランス」

講師:八坂貴宏 (スマイル・メンター・ジャパン代表理事)

ピンチはチャンス!自宅で過ごす時間が増え、これまでとは違うストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。私もその1人です。この状況を変えること自体は難しいですが、考えや気持ちが変われば、結果も大きく変わってきます。今だからこそ仕事はもちろん、プライベートでも「できること」「やりたいこと」に時間を投資し、ライフを充実させることで、「人生100年時代」を自分らしく元気で明るく生きていく。そんなヒントをお伝えしたいと思います。

4月24日(金)15:00「パワハラが起こっている組織の本当に怖いこと」

講師:倉本祐子(ダイヤモンド・コンサルティングオフィス合同会社 代表)
ハラスメントは、人生を狂わせ、企業を滅ぼします。
近年、ハラスメント問題は、ニュースなどで取り上げられない日がないほど、珍しくない現状となりました。いつ職場でハラスメント問題が発生してもおかしくない、とも言えます。そのような中、労働施策総合推進法の「職場におけるパワーハラスメントの防止措置」指針が固まりました。パワハラを含むハラスメント予防対策は、ますます重要な経営課題となると言えるでしょう。

4月17日(金)16:00「ラグビーに学ぶ~組織に不可欠な”自考動型人材”とは~」

講師:二ノ丸友幸(プロラグビーコーチ)

10チームのコーチ、企業の人事・組織コンサルティングをデュアルでこなす稀有なキャリアを実践する二ノ丸友幸。強い組織(チーム)の共通点、“主体的に行動できる人材”について、スポーツとビジネスの現場の経験からお伝えします。

4月15日(水)13:30「世界7大陸を走って学んだ、折れない心」

講師:北田雄夫(アドベンチャーランナー)

世界一過酷な極限レースにチャレンジし続ける北田雄夫。アラスカの氷雪地帯、ペルーのジャングルなど超過酷な環境を走る続ける北田氏が、“チャレンジ“の神髄とアクシデント時の”折れない心“をテーマにお話しいたします。